プチ整形から手術まで|小顔矯正したいなら【クリニック選びはしっかりと行なう】

小顔矯正したいなら【クリニック選びはしっかりと行なう】

サイトメニュー

プチ整形から手術まで

医者

優先順位を決めておこう

小顔矯正治療にも複数の種類が出てきており、どの治療方法を選択するかによって費用はピンキリです。安価なものですと1回の施術で約数千円、大掛かりな治療となると百万円近くかかるものもあります。安価なものはいわゆるプチ整形と呼ばれるもので、注射などで小顔効果を促すものです。注射1本あたりの値段が数百円から数千円、それを何本注入するかによって値段が変動していきます。安いに越したことはない、と飛びつきたくなる人もいるかもしれませんが、こういった注射による小顔矯正というのは特定の条件に合致していなければなりません。医師の診断を終え、推奨された治療方法の中に注射による治療が含まれていれば、試してみるのもよいと思われます。しかし注射など薬品を使用する矯正は効果が途中で切れるものが多く、継続して治療を続ける必要があります。長期的に小顔効果を得たい場合は、トータルの金額はもっと大きなものになるでしょう。一度の治療で終わらせたい、と考えている人は、手術が推奨されるでしょう。プチ整形という枠で収まりきらない手術となると、やはり費用は数十万から数百万円が相場となります。療養期間もある程度要しますし、治療する部分によっては体への負担もあります。しかし複数回に渡って治療を行なう必要はなくなりますし、効果も永続させることができます。小顔にするためにどういうアプローチがとれるか次第で、選択肢の数は変わります。もしも複数の選択肢が用意できるのであれば、費用か効果か、どこに最も価値を置くかを決めておくのをおすすめします。どの小顔矯正治療を選択したかによって、ダウンタイムの期間や過ごし方は異なります。そしてこの過ごし方を誤ると効果が得られなかったり、予想外の作用が起きて状態が悪化したりする恐れもあります。例えば、ボトックス注射でエラの除去治療を行なった場合、ダウンタイムはほとんどありません。しかし、注意事項がいくつかあります。注入量に因りますが、施術後数時間は横にならないよう医師から指導があるでしょう。これは注入したボトックスがほかの部位へ流動し、関係のないところでボトックス効果が出てしまうことを防ぐためです。ほかにもヒアルロン酸注射でフェイスラインのバランスを調整する治療を行なった場合は、治療部位をこすったり、圧力を加えたりしないようにしなければなりません。ヒアルロン酸注入部分の形が変形してしまい、せっかく整えたフェイスラインが崩れてしまいます。エラ削りなどの手術を行なった場合は、抜糸までは安静にしていなければなりません。入院や近くのホテルを病院が手配してくれることが多いです。治療方法次第で注意事項は変わりますが、すべての小顔矯正治療において気を付けるのは食事です。顔になんらかの手を加えている状態ですので、なるべくやわらかいもの中心の食事を心がけ、大きく顔の筋肉や骨を動かさないようにしましょう。また、運動など激しく体を動かすこともしばらくは避けるのが無難です。バランスが崩れたり、注入した成分などが散らばったりして悪影響を及ぼす可能性があります。注意事項やリスクは、治療の際担当医から説明があるはずです。それをしっかり守り、何かを行なう前に確認を取るなど予防しましょう。